みずな観察日記

先日、盛況のうちに閉演した

 

バンドマルゼノンライブを振り返ります。

 

 

 

みずなちゃんはOAを除くと、7人目の出番でした。

 

単独での選曲は、miwa の『Princess』

 

歌入り前に

「みんなは、盛り上がる曲を用意してきたけど

  私はちょっと違う選曲を試しました。」

 

みたいなことを話していて

 

そのまま曲名は言わず演奏が始まりました。

 

 

『Princess』に関しては

 

miwaが好きなら絶対に歌うだろうなと

 

切望していた曲だったため

 

イントロの時点で勝ちを確信しました。

 

この曲はmiwaの中でも、アコースティック向けの楽曲で

 

いつも聞いている(←)ときとは

 

雰囲気の違うイントロに聞こえました。

 

 

あとから知ったけど、割とmiwaが好きな人しか

知らないような選曲だったらしいですね。

 

 

サビの歌詞の

 

はやく私を見つけて

 私だけを待ってて

 

いつか出会うその日まで

 王子様どうか待ってて

 

あなたの笑顔のため

 私もっと頑張るね

 

 

 

...これがかなり好きで。

 

半年以上前からこれ、みずなちゃんが歌ったら

 

大変なことになるのではないかと妄想したり。

 

王子様じゃなくてごめんね、と儚くなったり。

 

そしてその妄想が現実になった瞬間は

 

本当にうれしくて楽しかった。

 

王子様じゃなくってごめんって

 

やっぱり思ったけどね。。。

 

 

そうそう、歌っているときのみずなちゃんは

 

ずいぶんノリノリ揺れていて

 

前回のライブで起きたちょっとしたミスは

 

心配にならないくらいちゃんとできてたかな。

 

 

 

 

ここでソロの出番は終えて

 

再度登場したのは辻くんと二人で。

 

選曲はMrs. GREEN APPLEの『点描の唄』

え?『Speaking』じゃないの?

 

ミセスに関しては、ボーカルの音域が広くて

 

曲によっては大変なので難易度はかなり高いと思う。

 

辻くんも頑張って歌ってくれた。

 

今回の会場は、昔ミセスが歌ってた会場でもあるので

 

ちょっぴりエモーショナルでした。

 

 

 

そして衣装は、梅雨を吹き飛ばして夏を連れてきそうな

 

さわやかスタイル。

 

ンツの丈も短めでした。

 

 

 

 以前はステージ上でも曲に向き合って

 

自分の世界だけで歌っていたみずなちゃんが

 

 少しずつステージでのノリを見せてくれて

 

今では、お客さんが楽しんでくれている様子も

 

しっかり見えるようになっているみたいで

 

少しずつ良くなるのだと実感しました。

 

 

最後の挨拶が今回はなくて

 

ちょっぴり寂しかったな。

 

多田さん、次回以降はよろしくお願いします。。。

 

 

 

今後は、

 

歌っているときに目線が左上に泳いでいかないようにすること

 

くらいは直してほしいなと思ったり。

 

まだそんなところまで意識する必要はないと思うけど

 

今後もっと広いステージでもっと大勢の前で歌っていくのなら

 

いつかまっすぐ前を向いて歌えるようにならないとね。

 

 

 

毎回歌い終わったら、すぐに背中を向けて

 

マイクを戻して導線に一直線になるのも

 

僕は悲しいから少しくらい笑顔で振り向いてほしいな

 

くらいは思っているけど、

 

僕に見られているのが恥ずかしいからかもしれないから

 

そこは言わないことにします。

 

ねえ、怖いからとか言わないで?

 

 

前と比べると、本当に見ていて

(お笑いという意味ではなく)面白いし

 

人を惹くかわいらしさを持っているから

 

これから好きになっていく人も増えるのではと

 

とてもうれしく思っています。

 

 

 

もう少しお話ができるようになるといいね。

 

見守ってるよ。

 

 あれ?

 

本当にお兄ちゃんっぽくないかな?