来年、引っ越します。

いつのまにか今年最後の日になりました。

 

引っ越すのは本当ですが、近場です。

 

今年は、月約10ペースでイベントに通っていた

ガールズバンド現場に行かなくなり、

曲の強い地下アイドルだとか

推しの後輩である新人声優さんに通ったりと

予測不能な一年でした。

来年は、もっと楽しい一年にしたいです。

 

さてさて、

やり残したことがあれば来年やればいいし、

きっと気分も晴れないので、

達成できたなと思うことを考えながら

少しだけ。

 

今年は

誕生日にイベントをやることが決まる前から

いつかのタイミングで、

同担同士の飲み会をやりたいな

とぼんやり思っていました。

だってやったことなかったんだから。

 

僕は去年まで福岡に住んでいました。

応援してる時間もまだ

地方民だった時間が長くて、

同担たちと少しだけ

距離を感じるところがありました。

もちろん現場でバカやれるし(やってはいない

一緒に過ごしてとても仲が良いと思います。

ただ、自分の帰る場所は

飛行機に乗った向こう側で、

自分がみんなとは少し異質だな感覚です。

 

だから、そんな感覚を

より意識してしまったのかも知れません。

 

井澤にせっかく興味を持ったオタクを

身内ノリとか

閉鎖感だとか

馴染めないだとかで

「間違っちゃったな」

と思わせたくなかったので、

知り合う事にしました。

 

わざとらしかったらごめんなさい。

でも、声をかけたあなたなら、きっと

と思ってのアクションです。

悪く思わないでください。

 

結果、現場に通いやすくなってくれていたら、

あと僕と仲良くしてくれたら企み通りですね。

ありがとうございます。

(来年はこれ以上知り合えていないオタクからブロックされないように気をつけます)

 

_

今年は井澤に対しては、可もなく不可もなく。

良い言い方をすれば「ムキにならない」

悪い言い方をすれば「一歩引く」

そんなスタンスで接したつもりです。

 

もちろん、自分の気持ちとして、

消化不良を起こして

覚めたくないなというのもあったし、

今年の自分の動きとして、

企むというところがあったから

そんながっつかないスタイルを

正当化できたのかも知れません。

 

このくだらない文章を読もうとする人は

多分(時間に)心にゆとりがある

穏やかな人だと思うので。

 

考えていそうな事もきっと

察してあげられているはずなのに。

本当はどうなのか。

 

ほーんの少し前から自信がなくなり、

あの人に対して疑問符を浮かべることが

増えてしまったのも事実なので、

何があってもずっと応援できる気持ちは

もう随分と。

 

それでも、ぼくが成人してから

いろんな変化の中で変わらず、

ずっと好きだった人だから

きっと来年も諦めずに会いに行くだろうし

来年の年の瀬も懲りずに

こんな事を考えているかも知れません。

 

来年は、細々とやって行くつもりですが

よろしくお願いします。

 

来年は、楽しいことにこだわりつつ

様子見

の一年になりそうな気がします。

 

また、本題として予定していた

みずなが好き過ぎてつらい、

                         大事に思い過ぎてる」

 

は、誕生日に手紙として送ろうと思います。

 

では、戌年も終わって

あずさから干されるまでの最期の24時間

気楽にいきましょう。